Seeeduino xiao

Seeeduino xiao

【Seeeduino xiao】TGS2450においセンサを使用する方法

Seeeduino xiao RP2040とTGS2450匂いセンサを用いて、空気中のにおい度合いを測定する方法をまとめました。MicroPythonのコードは前回の記事(Raspberry Pi Pico)で紹介したものと同一ですが、配線をより分かりやすくシンプルにしたので、本記事で再掲します。
Seeeduino xiao

【最新版】Seeeduino xiao RP2040のPinoutまとめ

自信の備忘録として、Seeeduino xiao RP2040のPinout(ピン配置図)をまとめました。今後も新たに機能が見つかり次第、最新版に更新します。一通り動作は確認済ですが、公式外の情報で故障などの保証をしかねること、ご了承ください。
Seeeduino xiao

【v1.19では動作しない?】Seeeduino xiao RP2040のリセット方法について

「Seeeduino xiao RP2040が認識されない、故障かな?」と思ったら、まず試してほしい方法になります。前半ではPCとの認識不良の確認、後半ではSeeeduino xiao RP2040の初期化(リセット)方法を紹介します。 2022年秋にMicroPython version 1.19がリリースされましたが、もしかするとSeeeduino xiao RP2040ではver1.19が動かない可能性もあるので、そちらも考慮して解説します。
Raspberry Pi

【Raspberry Pi Pico】リモコン中継器をMicroPythonで作成

Raspberry Pi Picoを用いて、MicroPythonで赤外線リモコンの信号を受信・解析し、同一の信号を発信する「リモコン中継器」を作ってみました。赤外線リモコンの信号解析結果は、OLED液晶ディスプレイに表示されます。日常で使用しているリモコンの信号解析や、リモコンの信号が届かない場所への中継器に、ぜひ作製してみてください。
Raspberry Pi

【MOSFETで強化!】Raspberry Pi Picoで赤外線LEDを高出力化する方法

赤外線LEDをRaspberry Pi Picoに通常の方法で接続しても、なんとGPIOの電流不足で十分な輝度を確保できません。そこで、今回はMOSFETを活用して赤外線LEDの高出力化を目指してみました。
Seeeduino xiao

【Seeeduino xiao】赤外線受信モジュールでリモコンの信号解析装置を作製

前回は赤外線受信モジュールのテストを兼ねて、簡単な赤外線発信と受信機を作り、全てのパーツが正常に動作することも確認しました。次はSeeeduino xiao RP2040とosrb38c9aa赤外線受信モジュール(chq1838d)を用いて、MicroPythonでリモコンの信号解析装置を作製してみました。
Seeeduino xiao

【赤外線センサ】Seeeduino xiao RP2040でosrb38c9aa赤外線受信モジュールを使用する

Seeeduino xiao RP2040と赤外線LED、osrb38c9aa赤外線受信モジュール(chq1838d)を用いて、MicroPythonで赤外線発信、受信機を作成しました。後段では両者を組み合わせて、「赤外線感知センサ」の作成方法を紹介しています。
Seeeduino xiao

【Seeeduino xiao】DHT11/22センサで気温・湿度を測定

Seeeduino xiao RP2040とDHT11/22センサを使用して、気温と湿度を測定する方法をまとめました。前半がDHT11センサ編、後半がDHT22センサ編となっており、最後に両者の測定結果を並べて比較しています。
Seeeduino xiao

【Seeeduino xiao】PWM制御でLEDの明るさ調整

Seeeduino xiao RP2040を使用して、PWM制御でLEDの明るさを調整する方法の紹介になります。LEDの出力を通常の0か1ではなく、MicroPythonで微細にコントロールして実際に試してみました。
Raspberry Pi

【Raspberry Pi Pico】Joystickで入力方向を読み取る方法まとめ

Raspberry Pi PicoとSeeeduino xiaoにアナログJoystickを接続して、Joystickを倒した方向を読み取ってみました。Seeeduino xiaoではSSD1306有機ELディスプレイを利用して、Joystickの入力値をリアルタイムで表示する装置を作製しています。