【v1.19では動作しない?】Seeeduino xiao RP2040のリセット方法について

xiao-resetSeeeduino xiao

本記事の内容

「Seeeduino xiao RP2040が認識されない、故障かな?」と思ったら、まず試してほしい方法になります。前半ではPCとの認識不良の確認、後半ではSeeeduino xiao RP2040の初期化(リセット)方法を紹介します。

※2022年秋にMicroPython version 1.19がリリースされましたが、もしかするとSeeeduino xiao RP2040ではver1.19が動かない可能性もあるので、そちらも考慮して解説します。

Seeeduino xiao RP2040とは

Raspberry Pi財団のRP2040チップ(Arm Cortex-M0+)を搭載した、Seeed Studio社の極小マイコンボードになります。

私もこれまでSeeeduino xiao RP2040を5~6個ほど購入してきましたが、初期不良はありませんでした。ただし、使用後半年ほど過ぎるとPCに認識されなくなることが増え、Raspberry Pi PicoよりもSeeeduino xiao RP2040の方が故障率が高い印象です。

確かに回路を何度も組み替えて、コードを繰り返し書き換えているので、使用方法としては良くないとは思っていますが、使い勝手の良いマイコンボードなだけに残念です、、、

1.接続不良の確認

  1. ケーブルとの接続不良
  2. ケーブルの不良

まず最初に確認してほしいのは、Seeeduino xiao RP2040とPCの接続不良についてです。

下段の記事にもまとめていますが、よくあるトラブルは「ケーブルとの接続不良」です。USB Type-Cなので、ケーブルが奥まで刺さっていなかったという原因が多々あります。

二つ目のケーブルの不良は、Seeeduino xiao RP2040を初めて使用するときに気を付けてほしい項目です。一度でもSeeeduino xiao RP2040と接続して書き込みができたなら、使用しているケーブルは間違っていないでしょう。

2.適切なファームウェアの書き込み

それでもダメな場合は、ファームウェアのリセットと再書き込みを行います。私の場合は、下のように「Unable to connect to COM3: port not found」エラーが発生していました。

修復可能なエラー

ステップ①:Seeeduino xiao RP2040の初期化

Seeeduino xiao RP2040の初期化には、Raspberry Pi Picoと同様に「flash_nuke.uf2」をドラッグ&ドロップで書き込みます。flash_nuke.uf2はRaspberry Pi財団の公式ページからダウンロードできます。

公式ページの最下段に「Resetting Flash memory」があります。

flash_nuke.uf2を書き込むと一瞬「RPI-RP2」が消えますが、すぐに戻ります。

※余談ですが、ステップ①のリセットを飛ばしてv1.18をダイレクトに書き込んでも、問題ないです。マイコンボード上のプログラムも全てリセットしたい場合は、ステップ①を行ってください。

ステップ②:適切なファームウェア(v1.18)の書き込み

Seeed Wikiに公式情報が上がっていないので、あくまで個人的な推測ですが、MicroPython version 1.19(rp2-pico-20221111-unstable-v1.19.1-660-gc8913fdbf.uf2)では、Seeeduino xiao RP2040が動作しません。

そのため、私はv1.18を書き込んでいます。v1.18以前のファームウェアはmicropython.orgよりダウンロードできます。

こちらの通り、v1.18ではエラーが解消されて、問題なく動作しました。

番外編(修復不可能な場合)

もう一つPC上で認識されなくなったSeeeduino xiao RP2040があるのですが、そちらでは「Couldn’t find the device automatically.」というエラーが発生しています。

修復不可能なエラー

こちらのパターンでは、リセットをしてもv1.18以前のファームウェアを書き込んでも、このエラーから直せませんでした。

もっと根深いところに原因がありそうなので、こちらは残念ですが修復を諦めています。。。

まとめ

Seeeduino xiao RP2040がPC上で正常に認識しなくなったときは、以下の3点を確認してみてください。

  • ケーブルとの接続不良
  • ケーブルの不良
  • 適切なファームウェアを書き込んでいるか

それでも認識されない場合(Couldn’t find the device automatically.のエラー)は、残念ながら買い直しが手っ取り早いでしょう。

コメント