福利厚生俱楽部(リロクラブ)のおすすめお得サービス5選

fukuri-top福利厚生倶楽部

はじめに

福利厚生俱楽部(リロクラブ)とは、企業向けの福利厚生をまとめて提供するサービスで、福利厚生サービスの数が非常に多いことで有名です。それゆえ、会社で加入していることは分かっていても、いまひとつ活用できてない方もいるのではないでしょうか。

福利厚生俱楽部のおすすめサービスを紹介したサイトを調べても、「この人は本当にそのサービスを使用して解説しているのか?」と怪しい説明も多いです。(レンタカーは実はそれほど安くならない、booking.comはポイントが付かない等)

そこで今回は家計節約術の観点から、実際に私が試してきた中で、お得額が大きくて本当におすすめできる厳選サービス5選を紹介します。

※2023年5月9日 ふるさと納税のサービスが変更となっていたため、一部修正しました。

おすすめサービスを年間お得額でランキングにすると

事前に申し上げますが、人のライフスタイルは様々なので、お得な福利厚生サービスも人それぞれです。要するに、映画を毎週見に行く人であれば映画館チケットが一番良く、毎日温泉に入る人であれば温泉チケットが一番お得になります。

極端な例で説明しても面白くないので、今回は映画と温泉に3カ月に1度行き、ジムを半年に1回利用して、Amazonで年60000円の買い物をする仮定としましょう。福利厚生俱楽部を活用することで、年間の支出額がどれだけ節約できるかをランク付けしました。

おすすめ福利厚生サービスお得額備考
★★★映画館チケット購入約2000円1回最大500円お得×4
★★☆ふるさと納税による
クラブギフト
1500円1万円以上の寄付を3口で500円お得×3
★★☆Amazonギフト券
(EJOICAギフト)
1284円Amazonで年間6万円を利用
★★☆ジムの都度利用券1200円~KONAMIスポーツクラブで600円お得×2
★☆☆温泉の入浴券割引約\400一般的な温泉として100円お得×4
(高い温泉ほど安くなる)
年間のお得額合計約6300円
ふるさと納税によるクラブギフトは2022年で終了し、2023年以降は抽選で2000クラブギフトに変更

上記のモデル生活で一年過ごす場合、福利厚生俱楽部を使用すると年間で約6300円がお得になることが分かります。

とはいえ、福利厚生俱楽部を活用することも楽ではありません。

  • 福利厚生俱楽部にログインして、サービスを探してクーポンを表示させる(温泉の入浴券割引)
  • 事前にチケットを購入して、自宅に届くことを待つ(映画館チケット購入、ジムの都度利用券)
  • ギフト券を購入して、Amazonギフト券に交換

というように、安くするための手間を考えると、年間6300円は福利厚生として得られるメリットとして微妙な線です。

映画はレディースデーや会員サービスを利用すればもとから安いですし、ジムも公営の安いところに行く方法が一番節約になります(探すときりがありませんが。。。)

ただし、映画を頻繁に鑑賞する人や、ジムに少し通ってみたいという人には推奨できるサービスもあります。今回は福利厚生俱楽部の厳選サービス紹介として、細かな節約部分は大目をつぶっていただき、お得なサービスから順に説明していきます。

おすすめサービス5選

1.映画チケット購入

※2023/3/1時点で、TOHOシネマは400円値引きの1500円に変更

言わずと知れた福利厚生俱楽部の一押しサービスです。イオンシネマやTOHOシネマなど多くの映画館に対応していて、1映画あたり400~500円ほど安く購入できます。自分ひとりでなく、誰かと鑑賞する際は、その分2倍にお得になります。

チケット郵送の場合は手元に届くまでに時間を要しますが、コード配信であれば前日の購入でも間に合います。(もちろん、コード配信でも余裕をもって購入してください)

2023年1月時点で一番安い映画館で1映画1300円ですが、私は安いチケットを購入したものの近くにその映画館がなく、結局電車代が多くかかってしまった経験があります、、、

やはり、自宅や職場に近くて行きやすい映画館のチケットを購入することをお勧めします。

2.ふるさと納税によるクラブギフトプレゼント

2022年までは、ふるさと本舗やふるなびといった寄付サイトでふるさと納税をすると、特典として500クラブギフトが貰えるというサービスがありました。が、2023年現在では、抽選でクラブギフト2000円相当分のプレゼントのみに変更されていました。

応募フォームに納税した自治体や寄付額、寄付の目的を入力することが一手間ですが、申請すればタダで貰える可能性があるので、活用してみる価値はあります。

3.Amazonギフト券(EJOICAセレクトギフト)

あまり聞きなじみはないかと思いますが、Amazonギフト券に交換できる電子マネーギフトです。1000円単位で購入することができ、額面2%OFFの価格で購入できます。

購入後は指定のメールアドレスにギフトID通知が届くので、利用方法にしたがってギフトIDをEJOICAセレクトギフトのサイトに登録し、Amazonギフト券に交換します。このひと手間が結構面倒くさいです。

本サービスは200円ごとに1ギフト(福利厚生俱楽部で使えるポイント)が進呈されるので、実質としては2.5%OFFでAmazonギフト券が購入できます。ただし、1回の決済につき別途手数料として210円がかかるため、10000円以上を購入しない場合は逆に損してしまうことに注意してください。

ギフト購入額に対する「お得」は以下のようになります。

ギフト購入額手数料クラブギフト実質支払額Amazonギフト券お得
\9800×1+\210-\49\9961\10000\39
\9800×2+\210-\98\19712\20000\288
\9800×4+\210-\196\39214\40000\786
\9800×6+\210-\294\58716\60000\1284
\9800×10+\210-\490\97720\100000\2280

この表をパッと見ても、「全然お得じゃない!」と思うでしょう。しかし、2022年7月に私も愛用していたAmazonギフト券現金チャージキャンペーンが終了してしまいました。この現金チャージキャンペーンで「お得」になっていた額も大体同じなのです。

チャージ金額プライム会員ポイント付与率お得
\50001.0%\50
\200001.5%\300
\400002.0%\800
\900002.5%\2250

要するに、Amazonは元から安いサービスであり、それをさらに安く利用する方法なんてほとんど存在しません。(Amazonのクレジットカードを作成しても、せいぜい2%のポイントなので、本サービスと同じくらいの割引率です。)

年間で10万、20万円を利用するようなAmazonヘビーユーザーであれば、福利厚生俱楽部でEJOICAセレクトギフトを介してAmazonギフト券を購入することをお勧めします。

また、Amazonギフト券で事前チャージしておくことで、チャージ金額が減っていくことに対する節約効果もあります。人間、クレジットカードのように見えないものはつい使ってしまいがちですが、徐々に減っていくものには敏感です。

Amazonを少しでも安く利用しつつ、買い物無駄遣いを抑えるのであれば、EJOICAセレクトギフトはとてもお勧めできるサービスです。

(注)本サービスはコンビニ決済となります。クレジットカードで購入して、さらにポイントをゲットすることはできないので、ご注意ください。詳細は以下の記事で解説しています。

4.ジムの都度利用券

4番目になりますが、実は個人的に一番活用しているサービスがジムの都度利用券になります

NASスポーツクラブでは都度利用が存在しないため、ジムを利用するには月額1万円近くの会費を払って会員になる必要があります。とはいえ、筋トレマニアでない限り、ジムに毎週通うことなんてないでしょう。

それが、福利厚生俱楽部で都度利用券を購入すれば、月一回など自分の行きたい時に気軽にジムに通うことができます。

毎月1回ジムに通う程度でもNASスポーツクラブの会員になると年間10万円近くがかかるところ、4枚セットを3回買うのであれば約1万円で済むので、実質9万円近くがお得になります。そもそも、ジムを使い、温泉とサウナまで利用できて1000円以内で済むのは、かなりお得です。

NASスポーツクラブよりは高いですが、KONAMIスポーツクラブも福利厚生俱楽部では都度利用券が安く購入できます。こちらは店舗ごとに設定されている額から、大体600円ほど安く購入できる仕組みになります。いずれのスポーツクラブにせよ、自宅に近くて気軽に通えるジムを選ぶと良いでしょう。

5.温泉の入浴券

1回あたりにの割引額はそれほど大きくないですが、割引対象の温泉が日本中にあることがメリットです。

私としては、観光や登山の帰りに「ちょっと温泉にでも寄ってこうか」となったとき、福利厚生俱楽部でチラッと確認したら100円お得になった、というように使っています。

大きな温泉施設でも福利厚生俱楽部の割引対象になっていなかったり、こんな小さな温泉なのに割引対象だったということもあるので、温泉毎にこまめに調べる必要があります。温泉によってはチケットを事前送付で受け取る必要もあるので、なかなか使いにくいことがネックな点です。

とはいえ、よく旅行に行く人や行きつけの温泉がある人であれば役に立つサービスに違いないので、是非活用してみてください。

おわりに

以上、実際に体験してみておすすめできる福利厚生俱楽部のサービス5選でした。他にもピンポイントでお得になるグルメの割引

  • コメダ珈琲(たっぷりサイズへのサイズアップ無料)
  • 牛角(お会計より10%OFF)

や、ショッピングの割引

  • ニトリ(配送家具が会員特別価格)
  • ビックカメラコジマ(お会計金額3%OFF)

もあります。こちらも頻繁にお世話になる方であれば、厳選5選以上に家計の節約に繋がるはずです。

ぜひ皆様も福利厚生俱楽部のサイトを探して、一押しサービスを見つけてみてください。

コメント