【福利厚生俱楽部】ニトリの家具ご注文サービスのお得度とは?

nitori-top福利厚生倶楽部

割引サービスだけはとにかく多いものの、どのサービスもパッとしない福利厚生俱楽部ですが、前回のAmazonギフト券チャージに引き続き、今回もサービスを実際に利用してみた感想と評価をまとめてみました。

本記事では、福利厚生俱楽部でニトリの「家具ご注文サービス」を実際に使ってみた時の注意点と、どれくらいお得だったかについて紹介したいと思います。

サービスの概要

福利厚生俱楽部上では「ニトリ」と検索するだけで、家具ご注文サービスが見つかります。私が利用したのが数年前なので、比較的長く続いている割引サービスです。

サイト上では会員特別価格としか表記がありませんが、その下の「お申込み用紙はこちら」から申込書を確認すると、大型家具が5%オフで購入できることが確認できます。

言わずと知れたニトリの割引サービスについて、実際にどれくらいお得になるのかと、利用するにあたっての注意点を見ていきたいと思います。

ニトリのサービスを利用する際の注意点

一般的なサービスと同じように、「レジにて会計するときにスマホ画面を見せれば完了!」といけばいいのですが、そうは簡単に割引を受けることはできません。本サービスの注意点は以下の3点です。

対象商品が大型家具のみ

福利厚生俱楽部で5%の割引を受けられるのは、ニトリ配送センターから届く大型家具に限られます。

ニトリ店舗の商品は「ニトリ設置品・大型家具」と「お客様組立品・組立家具」、ニトリネットの商品は「玄関先迄納品・お客様組立品」と「大型家具」の大きく2種類があります。ここでいうニトリ店舗の「お客様組立品・組立家具」やニトリネットの「玄関先迄納品・お客様組立品」は本サービスの割引対象外となります。

ニトリ店舗ニトリネット
ニトリ設置品・大型家具 ⇒割引対象〇大型家具 ⇒割引対象〇
お客様組立品・組立家具 ⇒対象外玄関先迄納品・お客様組立品 ⇒対象外

夏にかけて売れ筋となるNクール敷布団などは大型家具ではありませんので、大変残念ながら5%の割引を受けることができません。

申込書をFAXもしくはメールで送付する必要あり

次に意外とやっかいなのが、福利厚生俱楽部でダウンロードした申込書に商品コードを記載して、法人受付にFAXもしくはメールで送付する必要があることです。

家具を買う時は実際の大きさや色合いを確認するために、どうしても下見に行くことが多いでしょう。私の場合は、お店で下見をしながら欲しい商品のコードをメモして、自宅で申込書をスキャンしてメールしての長いステップを経て、やっと申し込むことができました。

引っ越しシーズンの3月などはただでさえ配送まで待たされるので、急ぎの場合に本割引サービスは不向きかもしれません。

商品代金の支払いが不便

ニトリ法人受付から在庫状況や納期、金額のお知らせが届いて、やっと商品代金を振り込むステップに到達します。

しかし、ここで不便なのは(私が申し込んだときの話ですが)銀行振込か店舗支払いの2択しか選べないことでした。銀行振込の手数料を考慮すると、クレジットカードで支払うために、私は再度ニトリへ商品代金を支払いに行っていました。

結局のところ、「下見でニトリに行き、申込書を自宅から送付して、再度支払いのためにニトリに行き」で購入完了まで1週間をかけて2回もニトリまで行きました。自宅近くにニトリがあればいいものの、わざわざ電車代を払ってまでニトリを2往復していれば、手間賃も考えてお得度合いがますます薄れてしまいます。。。

実際の割引額

このように不便な点はあるものの、しっかりと手順を踏めば5%の割引を受けることができます。商品明細を確認したところ、総額77,646円から確かに5%の3,772円が割り引かれていました。

まとめ

以上、福利厚生俱楽部でニトリの割引サービスを受ける際の注意点と実際のお得額についてでした。大型家具という制限がありますが、ニトリでは比較的高額な買い物となるため、5%の割引額はなかなか大きなものとなります。

とはいえ、「福利厚生俱楽部で申請書をDL ⇒ 申込書を印刷して記入、スキャン ⇒ 申請書をメールで送付 ⇒ 店舗で支払い」という作業もかなり面倒なので、割引を受けるまでの手間を理解したうえで本サービスを利用するかはご検討ください。

コメント